东莞市星火太阳能科技股份有限公司

13211005000
4001898908
星火太阳能和你一起了解更多太阳能资讯
2022年,分布式光伏电站大爆发!
返回列表 来源: 光伏們 发布日期: 2022.01.15 浏览次数:

从市场格局来看,早在2020年央国企加速介入分布式光伏投资领域的迹象正逐步明朗。以国家电投、国家能源集团、华能、中核等为代表的央国企以及豫能股份、广东能源集团等地方国有企业正从分布式光伏的试水者成为主导方。据光伏們不完全统计,截止目前,全国已经有超过数吉瓦的整县推进项目启动了招标,而业主无一例外的均为电力央企或者地方国有企业以及部分行业头部企业。

 

在此之前,鉴于分布式光伏电站项目分散、体量小、风险以及管理难度较高等特点,并不是央国企的主战场。另一方面,分布式光伏项目的开发需要一定的人海战术——需要对接不同的企业厂房以及业主单位沟通前期方案,对于央国企来说,有心无力。

 

但整县推进给国有投资企业带来了一种开拓分布式光伏市场更为擅长的途径以及更坚定的决心。一般来说,整县推进的开发模式中,投资企业需要与地方政府签订合作协议,在地方政府的认知中,考虑到民生以及未来可能涉及到的风险问题,央国企无疑是最佳选择,这也间接催生了各地屡禁不止的“一县一企”的模式。

 

不可否认的是,在整县推进中,地方政府垄断资源等不符合市场规律以及要求产业配套等情况屡见不鲜,多家深度参与分布式光伏投资领域的民营企业也在第五届分布式光伏嘉年华对话环节中建议,政策制定需要遵循市场发展规律,“能够市场化的项目尽量通过市场的手段去调配资源”,同时也呼吁行业坚守质量与投资本质的底线。

 

但可以肯定的是,整县推进势必会一定程度上催化分布式光伏的发展速度。“2022年央国企整县推进的中心会正式进入户用以及工商业项目,这会直接带动分布式光伏的快速上量”,山东省太阳能协会常务副会长张晓斌在第五届分布式光伏嘉年华上表示,整县推进中最容易的部分是党政机关以及公共建筑,但这部分装机占比往往只有5-6%,试点安装比例的任务最终还需要落实到户用以及工商业分布式光伏电站项目上。


分类来看,户用光伏作为整县推进中相对容易推进的一个领域,也将成为2022年分布式光伏装机的重要组成部分。从数据来看,“十三五”期间户用光伏装机数据也在翻倍攀升,得益于户用光伏资产收益稳定且风险较小的特点,2021年的户用竞争已然进入白热化阶段,尤其是以山东、河北、河南为代表的三大省份,合计装机规模占比超过77%,而尚未进入大规模开发阶段的中西部省份,或将成为接下来户用市场的重点目标区域。


实际上,更为关键的一点是,即便整县推进政策在实操过程中仍然存在诸多的难点与挑战,但这一模式无疑为各地以及央国企深度参与分布式光伏市场提供了一个思路,除了676个县之外,正有越来越多的地方采取这一模式推进分布式光伏的发展。


双碳目标为分布式光伏加持

联盛电力总裁田大勇在第五届分布式光伏嘉年华上表达了一个观点,碳中和就像挖一条隧道,国家队中五大电力集团,以及优质的设备制造商、投资企业,是从能源的生产侧在挖,这就是集中式电站,改变的是能源供应侧、供给侧的结构;另外一侧是能源消费端的自我进化、自我改革,这就是分布式光伏电站,双管齐下,隧道挖通的时候就是碳中和实现的时候。

 

在轰轰烈烈的30·60大势下,不仅仅是单纯的电力投资企业,正有越来越多的企业开始跨界踏入这一领域。光伏們曾在《中国邮政启动光伏合作商入围招标,全民跨界投资光伏愈演愈烈》 一文中盘点过,今年以来,若干家非光伏制造/投资企业正快速接入分布式光伏投资建设领域。

 

中国石油于今年启动了4.5GW光伏组件、逆变器的集采招标;中国邮政集团启动了光伏能源合作商入围采购项目招标,拟利用邮政生产场地自有屋顶投资建设分布式光伏+储能系统;中国烟草也在今年陆续启动了一批生产厂房、物流运输点的分布式光伏项目招标;中国铁塔则基于通信信号塔早已陆续建设了一部光伏项目,并完成了光伏设备、EPC以及设计勘察等一系列招标;中国石化宣布“十四五”期间将建成7000座分布式光伏+加油站项目……

 

除了中字头央企之外,各行业龙头也已陆续启动相关的规划与布局。例如物流行业的京东、菜鸟、顺丰等企业也在陆续布局、投资光伏项目。 近日,京东明确表示到2030 年,将联合合作伙伴搭建全球最大的屋顶光伏发电产能生态体系。目前,京东已经完成第一批12座智能产业园的光伏发电系统安装,预计用3 年的时间,搭建起 1000 兆瓦的光伏发电能力,能够为 85% 的京东智能产业园提供绿色能源。

 

除了企业投资之外,还有越来越多的基金、银行、险资等涌入分布式光伏领域,提供相关的服务,显然分布式光伏的投资热度已经“出圈”。这代表着光伏跨界的思路已经在双碳目标下形成了一种共识,同时各领域龙头企业的率先示范也为全社会各行业进一步接纳分布式光伏提供了先决条件。而分布式光伏未来的广阔空间正是隐藏于这些无限跨界以及多样化的应用场景中。


双控与电改将带动业主自投放量

 

业主自投并不是2021年分布式光伏的新趋势,在2020年分布式光伏市场分析中,光伏們已经观察到,分布式光伏市场中正在涌入众多的“散户”玩家,这便是以业主自投为主导的中小企业。这些项目单体规模较小,大都在5MW以下,但收益率一般都在10%以上,这是业主自投分布式光伏项目的关键特征。

 

进入2021年,发生在三季度的双控与限电以及进一步带来的取消工商业目录电价等事件毫无疑问进一步催化了分布式光伏业主自投的热情。在上述宏观形势下,各省工商业用电价格在10-11月份达到顶峰,不少省份甚至20%满格上涨电价,出于对未来电价上涨的预期,投资分布式光伏电站成为用电企业的最佳选择。

 

“1MW以下会以自投为主,甚至1MW以上的自投比例也会越来越高,甚至可能很快会超过第三方投资”,深圳创维光伏总经理金鑫在第五届分布式光伏嘉年华研讨会上表示,经过这么多年的行业教育,尤其是今年行业的快速发展,明后年会是工商业逐渐要启动起来的一个过程。

 

业主自投项目的最大优点还在于,在第三方投资模式下存在的业主信誉风险、电费催缴以及工商业目录电价取消带来的收益边界不确定性等通过技术手段尚未无法完全避开的风险问题将荡然无存。这也就意味着,对于业主自投的分布式光伏项目来说,跟集中式光伏电站并没有差别,甚至由于工商业用电价格较高,相较于地面电站的投资收益,业主自投分布式光伏项目还将更高一筹。

 

但这种趋势下,亦将对市场上以第三方投资企业为主导的市场格局带来挑战。不过对于分布式光伏来说,市场足够大,并且应用场景也在不断的推陈出新。对于第三方投资企业来说,即使面对1MW以下项目在管理、建设、运维、监管、物料配送等方面的挑战与压力,亦有以联盛新能源等为代表的企业,以一种极为简化的商业模式在深度耕耘市场。


细分领域中的引领者:各司其职

随着各路资本的进入,分布式光伏电站投资环节的参与者越来越多,未来资产持有的接力棒或将进一步转交给国有企业。12月初在苏州举办的第五届分布式光伏嘉年华邀请了国内极具代表性的几家分布式光伏市场的参与企业,可以发现的是,随着分布式光伏市场参与者的日益增加以及市场成熟度的提高,在不同环节不同角色中,深入其中的企业也开始形成各自的特色模式与服务,成为细分领域的佼佼者,并且引领着这个领域的规则指定与游戏玩法。

 

这其中,在户用光伏领域,正泰新能源下的正泰安能正以绝对的优势领衔市场。正泰新能源董事长、总裁陆川在此次会议致辞中提到,目前,正泰新能源在户用、工商业分布式和储能等多线布局静待开花,其中户用光伏发展态势向好,国内已服务于超过50万户家庭,业务发展速度进一步加快,电站盈利能力持续稳定,储备项目丰富,充分变现公司十余年积累的建设运维能力。

 

而同样在户用领域有着优异表现的还有天合富家、晴天科技以及今年异军突起的创维光伏、阳光新能源等头部梯队正引领着户用光伏的市场发展。但尽管同样耕耘于户用光伏市场,各家企业的侧重点却不尽相同。正泰新能源以持有户用资产为主要模式,而晴天科技、创维光伏则将更多精力放在打造系统集成平台上。

 

在工商业投资领域,亦是多维度开花。例如联盛新能源专注于小微工商业分布式光伏电站的开发建设投资,其电站单体规模大多在1MW以下。联盛新能源的目标是“十四五”期间覆盖1万个工商业的终端客户,完成10GW工商业分布式光伏的投资建设。契合当前的商业模式,联盛新能源也打造了一套适用于小微工商业的管理模式。

 

作为中外合资的典型投资商,道达尔远景能源则一直在致力于建立一套能够得到融资机构的认可甚至未来的合作方、入股方、投资方的认可的标准合同模板,包括无担保融资、输出的标准合同,同时也在分布式光伏投资的基础上进一步引入零碳的模式作为碳中和的载体。

 

香港燃气企业港华能源则以园区作为主要阵地,未来1-2内把分布式光伏尤其是工商业光伏作为业务重点进行推进。而已经有过分布式光伏投资经历的晶科电力也在借助整县推进重新进入分布式光伏领域,年度新增开发量已经超过900MW。

 

在此次论坛致辞中,正泰新能源董事长、总裁陆川以“诸多优秀的光伏企业历经集体蝶变和勃发,在探索绿色能源发展机遇和产业再平衡的现实之间不断奋进,让光伏行业生态更为多姿”作为今年行业的概括总结,这也是2021年分布式光伏市场所经历的现状——足够大的分布式光伏市场容得下“百舸争流”的新局面。

 

无论是从产业的角度还是电力市场的视角,分布式光伏均被寄予厚望。对于站在风口上的我们来说,2022年的分布式光伏市场会迎来更多的新鲜事物,而机遇与挑战一向相伴而生,找准定位,顺风而行更多的将考验企业的积淀实力与战略速度。

市場構造から見ると、2020年に中央国有企業が分布式太陽光発電投資分野への介入を加速させる兆しが徐々に明らかになっている。国家電投、国家エネルギーグループ、華能、中核などを代表とする中央国有企業及び豫能株式、広東エネルギーグループなどの地方国有企業は分布式光伏の試水者から主導者となっている。光起電力発電所の不完全な統計によると、現在までに全国で数ギガワットを超える県全体の推進プロジェクトが入札を開始したが、所有者は例外なく電力中央企業や地方国有企業、一部の業界のトップ企業だ。
これまで、分布式太陽光発電所プロジェクトの分散、体量が小さく、リスクと管理の難易度が高いなどの特徴を考慮すると、中央国有企業の主戦場ではない。一方、分布式太陽光発電プロジェクトの開発には一定の人海戦術が必要である。
しかし、県全体の推進は国有投資企業に分布式太陽光発電市場を開拓するより得意な道とより確固たる決意をもたらした。一般的には、県全体が推進する開発モデルの中で、投資企業は地方政府と協力協定を締結する必要があり、地方政府の認識の中で、民生と未来にかかわるリスク問題を考慮すると、中央国有企業は間違いなく最善の選択であり、これも間接的に各地でしばしば禁じられている「一県一企業」のモデルを生み出した。
否定できないのは、県全体の推進の中で、地方政府が資源を独占するなど、市場の法則と産業の組み合わせを要求しないなどの状況がしばしば見られ、多くの分布式太陽光発電投資分野に深く参加している民間企業も第5回分布式太陽光発電カーニバルの対話の一環で提案され、政策の制定には市場発展の法則に従う必要がある。「市場化できるプロジェクトはできるだけ市場の手段で資源を調達する」と同時に、業界に品質と投資の本質のベースラインを守るよう呼びかけている。
しかし、県全体の推進は分布式太陽光発電の発展速度をある程度触媒するに違いない。山東省太陽エネルギー協会の張暁斌常務副会長は第5回分布式太陽光発電カーニバルで、「2022年に中央国有企業が県全体を推進する中心は正式に家庭用及び商業プロジェクトに進出し、これは分布式太陽光発電の急速な向上を直接牽引する」と述べ、県全体の推進の中で最も容易な部分は党・政府機関及び公共建築であるが、この部分の組立機の割合は往々にして5-6%にすぎないと述べた。試験的な設置割合の任務は最終的にユーザー用及び工業商業分布式太陽光発電所プロジェクトに実行する必要がある。
分類から見ると、戸用太陽光発電は県全体の推進の中で比較的推進しやすい分野として、2022年の分布式太陽光発電組立機の重要な構成部分にもなるだろう。データから見ると、「第13次5カ年計画」期間中、ユーザー用太陽光発電設備のデータも倍増している。大規模な開発段階に入っていない中西部の省は、次の戸用市場の重点目標地域になるだろう。
実際、もっと重要なのは、県全体の推進政策が実操の過程で依然として多くの難点と挑戦が存在しているとしても、このモデルは各地と中央国有企業が分布式太陽光発電市場に深く参加するために一つの構想を提供したに違いない。676の県を除いて、ますます多くの地方がこのモデルを採用して分布式太陽光発電の発展を推進している。
二重炭素目標は分布式太陽光発電加持である
聯盛電力総裁の田大勇氏は第5回分布式太陽光発電カーニバルで、炭素中和はトンネルを掘るようなもので、国家チームの中で5大電力グループと良質な設備メーカー、投資企業は、エネルギーの生産側から掘っている。これは集中式発電所で、エネルギー供給側、供給側の構造を変えた。もう一方はエネルギー消費端の自己進化、自己改革であり、これが分布式太陽光発電所であり、両管がそろっており、トンネルが掘られたときは炭素中和が実現したときである。
激しい30・60の勢いの中、単純な電力投資企業だけでなく、ますます多くの企業がこの分野に足を踏み入れている。光伏たちはかつて「中国郵政が光伏協力商をスタートさせて入札に入り、全国民が国境を越えて光伏に投資するのがますます激しくなった」という文章の中で棚卸ししをしたことがある。今年に入ってから、いくつかの非光伏製造/投資企業が分布式光伏投資建設分野に急速にアクセスしている。
中国石油は今年、4.5 GWの太陽光発電コンポーネント、インバータの集採入札を開始した。中国郵政グループは光起電力エネルギー協力商の購買プロジェクトの入札募集をスタートさせ、郵政生産場所の自有屋根投資を利用して分布式光起電力+エネルギー貯蔵システムを建設する予定である。中国のタバコも今年、工場の建物、物流輸送拠点を生産する分布式太陽光発電プロジェクトの入札募集を続々とスタートさせた。中国鉄塔は通信信号塔に基づいてすでに続々と太陽光発電プロジェクトを建設し、太陽光発電設備、EPC及び設計調査などの一連の入札を完成した。中国石化は「第14次5カ年計画」期間中に7000基の分布式太陽光発電+ガソリンスタンドプロジェクトを建設すると発表した。
中字頭中央企業のほか、各業界のトップも相次いで関連計画と配置をスタートさせた。例えば物流業界の京東、菜鳥、順豊などの企業も続々と配置し、太陽光発電プロジェクトに投資している。京東はこのほど、2030年までにパートナーと協力して世界最大の屋根光発電生産能力生態系を構築することを明らかにした。現在、京東はすでに第1陣の12基の知能産業園の太陽光発電システムの設置を完成し、3年の時間をかけて、1000兆ワットの太陽光発電能力を構築し、85%の京東知能産業園にグリーンエネルギーを提供することができると予想されている。
企業の投資のほかに、ますます多くの基金、銀行、危険資金などが分布式太陽光発電分野に押し寄せ、関連サービスを提供している。これは太陽光発電の国境を越えた構想がすでに二重炭素目標の下で一つの共通認識を形成したことを代表し、同時に各分野のトップ企業の率先模範も社会の各業界が分布式太陽光発電をさらに受け入れるために先決条件を提供した。分布式太陽光発電の未来の広い空間は、これらの無限の境界と多様化した応用シーンに隠されている。
デュアルコントロールと電気改革は所有者の自己投入量を牽引する。
所有者の自投は2021年の分布式光伏の新しい趨勢ではなく、2020年の分布式光伏市場の分析の中で、光伏たちはすでに観察して、分布式光伏市場の中で多くの“散戸”のプレーヤーに押し寄せて、これは所有者の自投を主導する中小企業です。これらのプロジェクトは単体規模が小さく、大部分が5 MW以下であるが、収益率は一般的に10%以上であり、これは所有者の自己投資分布式太陽光発電プロジェクトの重要な特徴である。
2021年に入って、第3四半期に発生した二重制御と電力制限、さらにもたらした商業カタログの電気価格の取り消しなどの事件は、分布式太陽光発電所有者の自投の情熱をさらに触媒したことは間違いない。上述のマクロ情勢の下で、各省の工業・商業の電力使用価格は10-11月にピークに達し、多くの省は甚だしきに至っては20%で電力使用価格を上昇させ、未来の電力価格の上昇に対する予想から、分布式太陽光発電所への投資は電力使用企業の最良の選択となっている。
深セン創維光伏総経理の金シン氏は第5回分布式光伏カーニバルシンポジウムで、このような長年の業界教育、特に今年の業界の急速な発展を経て、来年の年次総会は工業と商業が徐々にスタートする過程である。
所有者の自己投資プロジェクトの最大の利点は、第三者投資モデルの下で存在する所有者の信用リスク、電気料金の催促、ビジネスカタログの電気価格の取り消しによる収益境界の不確実性など、技術手段を通じてまだ完全に避けられないリスク問題が消え去ることにある。これは、所有者が自主的に投資する分布式太陽光発電プロジェクトにとって、集中式太陽光発電所と差がないことを意味し、甚だしきに至っては工商業の電気使用価格が高いため、地上発電所の投資収益に比べて、所有者が自主的に分布式太陽光発電プロジェクトを投資するのはさらに高いことを意味している。
しかし、このような傾向の下で、市場で第三者投資企業を主導する市場構造にも挑戦をもたらすだろう。しかし、分布式太陽光発電にとって、市場は十分に大きく、応用シーンも絶えず新しいものを推し進めている。第三者投資企業にとって、1 MW以下のプロジェクトの管理、建設、運営維持、監督管理、資材配送などの面での挑戦と圧力に直面しても、聯盛新エネルギーなどを代表とする企業があり、極めて簡素化されたビジネスモデルで市場を深く耕している。
細分化された分野におけるリーダー:それぞれの役割
各ルートの資本の進出に伴い、分布式太陽光発電所の投資段階の参加者はますます多くなり、将来資産が保有するバトンは国有企業にさらに渡されるだろう。12月初めに蘇州で開催された第5回分布式太陽光発電カーニバルは国内の代表的ないくつかの分布式太陽光発電市場の参加企業を招待した。細分化された分野のトップとなり、この分野のルール指定とゲームプレイをリードしている。
このうち、戸用太陽光発電の分野では、正泰新エネルギーの下で正泰安エネルギーが絶対的な優位性で市場をリードしている。正泰新エネルギー理事長、陸川総裁は今回の会議の挨拶の中で、「現在、正泰新エネルギーは家庭用、工業商業分布式、エネルギー貯蔵などの多線配置で開花を待っている。会社が10年余り蓄積した建設運営能力を十分に現金化する。
同様に戸用分野で優れた表現を持っているのは、天合富家、晴天科学技術、今年の異軍突起の創維太陽光発電、太陽光新エネルギーなどの頭部階段隊が戸用太陽光発電の市場発展をリードしている。しかし、同様に戸用太陽光発電市場に努力しているにもかかわらず、各企業の側重点は異なる。正泰新エネルギーはユーザー用資産を持つことを主なモデルとし、晴天科学技術、創維光伏はシステム統合プラットフォームの構築にもっと精力を置く。
工業・商業投資の分野でも、多次元的に開花している。例えば、聯盛新エネルギーは小微工商業分布式太陽光発電所の開発建設投資に専念し、その発電所単体規模の多くは1 MW以下である。聯盛新エネルギーの目標は「十四五」期間中に1万人の工業・商業の端末顧客をカバーし、10 GWの工業・商業分布式太陽光発電の投資建設を完成することである。現在のビジネスモデルに合致し、聯盛新エネルギーも小微工商業に適した管理モデルを構築した。
中外合弁の典型的な投資家として、ダダル遠景エネルギーは融資機構の認可を得ることができ、将来の協力者、入株者、投資者の認可を得ることができる標準契約テンプレートの構築に力を入れており、無担保融資、輸出の標準契約を含む。同時に分布式太陽光発電投資に基づいて,炭素中和の担体としてゼロ炭素のモデルをさらに導入した。
香港ガス企業の香港華エネルギーは園区を主な陣地とし、今後1-2以内に分布式太陽光発電、特に工業商業太陽光発電を業務重点として推進する。すでに分布式太陽光発電の投資経験がある晶科電力も県全体を借りて分布式太陽光発電の分野への再進出を推進しており、年度の新規開発量は900 MWを超えている。
今回のフォーラムの挨拶の中で、正泰新エネルギー理事長、総裁の陸川氏は「多くの優秀な太陽光発電企業が集団バタフライと勃発を経て、グリーンエネルギーの発展チャンスと産業の再バランスを模索する現実の間で絶えず奮闘し、太陽光発電業界の生態をより多くの姿にさせる」として、本年の業界の概括と総括した。これも2021年に分布式太陽光発電市場が経験した現状である--十分な分布式太陽光発電市場は「百舸争流」の新しい局面を収容することができる。
産業の観点からも電力市場の観点からも、分布式太陽光発電は期待されている。風口に立っている私たちにとって、2022年の分布式太陽光発電市場はもっと多くの新鮮なものを迎えることができて、チャンスと挑戦はずっと伴って生まれて、位置づけを探して、風に従ってもっと多くの企業の蓄積実力と戦略速度を試します。

【相关推荐】

全国服务热线

13211005000
  • 地址:东莞市松山湖中小企业园十一栋
  • 电话:13211005000
  • 邮箱:liusq@singfosolar.cn
  • 手机二维码
东莞市星火太阳能科技股份有限公司版权所有 / 备案号:粤ICP备14057282号-5 /  网站地图 / 百度统计  技术支持: 牛商股份