东莞市星火太阳能科技股份有限公司

13215150267
4001898908
星火太阳能和你一起了解更多太阳能资讯
政策持续推进,屋顶分布式光伏潜力大
返回列表 来源: 发布日期: 2022.06.30 浏览次数:


近日,中办、国办印发《关于推进以县城为重要载体的城镇化建设的意见》,提出引导非化石能源消费和分布式能源发展,在有条件的地区推进屋顶分布式光伏发电。

分布式光伏再次迎来政策东风。

分布式光伏新增装机规模首超集中式

光伏产业根据终端需求不同,大体可以分为分布式光伏和集中式光伏。

分布式光伏是在用户场地附近建设的光伏发电设施,用户自发自用、多余电量上网。集中式光伏电站则是利用荒漠、戈壁等日照资源等地,集中建设大型光伏电站。

光伏屋顶是分布式光伏的一种形式,是在房屋顶部装设太阳能发电装置,利用太阳能光电技术在城乡建筑领域进行发电。

除了在现有建筑上搭建光伏,光伏建筑一体化(BIPV)也是分布式光伏发电系统的一种,区别于安装式屋顶光伏,其是将光伏组件集成到建筑上的技术,让光伏组件与建筑结构形成一体。

近年政策持续鼓励分布式光伏发展。

2021年6月,国家能源局印发《关于报送整县(市、区)屋顶分布式光伏开发试点方案的通知》,提出“宜建尽建”原则,正式拉开整县推进的大幕。

同年9月,国家能源局公布整县(市、区)屋顶分布式光伏开发的试点名单,各省(自治区、直辖市)及新疆生产建设兵团共报送试点县(市、区)676个,全部列为整县(市、区)屋顶分布式光伏开发试点。

今年3月,国家能源局印发《2022年能源工作指导意见》指出,要继续实施整县屋顶分布式光伏开发建设,加强实施情况监管。因地制宜组织开展“千乡万村驭风行动”和“千家万户沐光行动”。

尤其是住建部发布的《建筑节能与可再生能源利用通用规范》,要求2022年4月1日起,新建建筑应安装太阳能系统。

在政策持续推动下,分布式光伏开发加速推进,并成为拉动产业发展的重要驱动力。

根据国家能源局数据,2021年全国光伏新增装机54.88GW,为历年来最高。其中,光伏电站25.6GW;分布式光伏29.28GW,约占全部新增光伏发电装机的55%,历史上首次超过集中式电站。

其中,在新增分布式光伏中,户用光伏继2020年首次超过1000万千瓦后,2021年超过2000万千瓦,达到约2150万千瓦。户用光伏已经成为我国如期实现碳达峰、碳中和目标和落实乡村振兴战略的重要力量。

分布式光伏产业链被拉长

提到分布式光伏,就有集中式光伏,两者均是我国光伏产业发展的重要形式。在坚持集中式与分布式光伏并举发展策略下,未来产业新增装机规模整体不断增长。

据伍德麦肯兹预计,2022-2031年,全球光伏并网装机容量将以年均8%的速度增长。中国2022年光伏装机量将达到75GW,其中包括42GW大型集中式地面电站和33GW分布式光伏项目。

在这个巨大的市场中,分布式光伏以更灵活、多元的应用场景更有看点,其巨大的发展潜力,吸引越来越的企业跨界进入或者加大市场投入。

巨头方面,国家电投、华能、三峡等一众央企争相布局分布式光伏领域。与此同时,众多民营企业也在分布式光伏领域深耕多年。

从产业链看,上游光伏组件龙头隆基、通威股份、晶科能源、天合光能均已布局分布式光伏,此外,东方日升、正泰电器等组件厂商;

中游涉猎者有光伏发电系统中用来安装、支撑、固定光伏组件的特殊功能支架厂商中信博;逆变器参与者有阳光电源、科士达和海陆重工等;

下游分布式光伏领域也吸引了隆基、晶科、阳光电源等光伏产业链企业参与。从2019年开始,晶科能源就切入BIPV产品的研发、制造与推广。目前,公司的BIPV产品包括全黑/彩色幕墙、透光幕墙、彩钢瓦组件、并在开发曲面及瓦片系列组件。

2022年,晶科能源在海宁改造BIPV的产线,预计2022年年中建成,将更好支持日益增长的建筑光伏市场需求。

此外,BIPV等新技术还拉长光伏产业链,汇集建筑、建材等多方参与者,包括东南网架、森特股份、杭萧钢构等。

基于对BIPV产业前景看好,更有不少光伏企业与建筑企业联手布局。如高端金属围护业龙头森特股份携手隆基股份投资BIPV,两者以各自在建筑和光伏领域的优势资源叠加,以期实现产品快速放量,抢占市场先机。

一季度净利润严重分化

虽然光伏产业高景气度仍在,但从今年一季度业绩看,屋顶光伏概念股业绩分化较大。

Wind屋顶光伏30家概念股均已披露2022年一季度业绩。

以营收规模论,排在前列的有通威股份、隆基股份、特变电工、中环股份、晶澳科技、正泰电器,这六家企业今年一季度营收规模均突破百亿元。

营收规模位居第二梯队的有东方日升、阳光电源、福斯特、江河集团、南玻A,东南网架,营收规模均在27亿元以上。

今年一季度,30家概念股中有28家取得营收同比正增长,其中排名靠前的分别是通威股份、晶盛机电、特变电工、中环股份、锦浪科技、中来股份、晶澳科技、福莱特,上述企业营收增速均超过70%。

而营收增速出现同比负增长的企业则是南玻A和安彩高科。

归母净利润方面,规模排在前列的有通威股份、特变电工、隆基股份、中环股份,上述企业归母净利润均在13亿元以上。

今年一季度净利润亏损的只有智光电气一家。

而具体到归母净利润增速,今年一季度行业企业分化较大。

增速超过140%的企业有中来股份、嘉寓股份、通威股份、正泰电器、晶澳科技、东方日升、秀强股份、中环股份。

在行业众多企业取得净利润大涨同时,也有部分企业增收不增利,净利润甚至出现同比大幅下滑。

30家概念股中,有11家企业归母净利润出现同比下滑,其中下滑幅度较大的有智光电气、安彩高科、拓日新能、亚玛顿、江河集团、福莱特、清源股份、科士达等。

究其原因,原材料上涨导致光伏等大多行业出现增收不增利的情况。

以福莱特玻璃为例,2022年一季度,光伏玻璃销售数量的大幅增长所致,公司营收大涨近71%,但由于光伏玻璃平均销售价格下降抵消了部分的增长,叠加原材料和能源动力成本增加所致,公司营业成本较上年同期增长196.64%,并最终影响净利润表现。

而对于光伏支架、BIPV集成商中信博而言,负面冲击更大。

原材料多晶硅料价格持续处于高位,传导至电池片、组件环节价格大幅提升,以及国际物流费用的高涨,都一定程度抑制下游需求,导致全球集中式光伏电站安装量迟延。根据国家能源局数据,2021年全国集中式光伏电站新增装机25.6GW,较2020年新增装机32.68GW,减少7.08GW,降幅约22%。

受此影响,2021年,公司光伏支架出货量约6.51GW(境内出货4.94GW,境外出货1.57GW),其中境内光伏支架业务出货量2021年度较2020年度同比有所下降,降幅约13.03%,低于境内集中式光伏电站装机量的下降幅度。

不过好的一面,2022年硅料新增产能陆续投放,行业因供需失衡导致的产业链价格博弈预计将有所缓解。硅料、组件等价格下调后,无论是分布式光伏还是集中式光伏装机量有望得到有效释放,行业公司业绩和盈利水平也将进一步释放。

最近、中国弁公室と中国弁公室は「県城を重要な担体とする都市化建設の推進に関する意見」を印刷、配布し、非化石エネルギー消費と分布式エネルギーの発展を導き、条件のある地域で屋根分布式光発電を推進することを提案した。
分散光起電力は再び政策の東風を迎えた。
分散型光起電力新規搭載機の規模初の超集中式
光起電力産業は端末の需要によって異なり、大きく分布式光起電力と集中式光起電力に分けることができる。
分散型光起電力はユーザーサイトの近くに建設された光起電力発電施設であり、ユーザーは自発的に使用し、余分な電力をインターネットに接続する。集中型光発電所は砂漠、ゴビなどの日照資源などを利用して、大型光発電所を集中的に建設する。
太陽光発電屋根は分布式太陽光発電の一つの形式であり、家屋の頂部に太陽光発電装置を設置し、太陽光発電技術を利用して都市と農村の建築分野で発電を行う。
既存の建物に光起電力を構築するほか、光起電力建築一体化(BIPV)も分散型光起電力発電システムの一種であり、設置式屋根光起電力と区別され、光起電力モジュールを建築に集積する技術であり、光起電力モジュールと建築構造を一体化させる。
近年の政策は分散型光起電力の発展を奨励し続けている。
2021年6月、国家エネルギー局は「県全体(市、区)の屋根分散式光起電力開発の試行案を報告する通知」を印刷、配布し、「建設し尽くして建設するべき」という原則を提出し、正式に県全体の推進の幕を開けた。
同年9月、国家エネルギー局は県全体(市、区)の屋根分散型太陽光発電開発の試験地リストを発表し、各省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団は試験地県(市、区)676個を報告し、すべて県全体(市、区)の屋根分散型太陽光発電開発の試験地となった。
今年3月、国家エネルギー局は「2022年エネルギー活動指導意見」を印刷、配布し、県全体の屋根分散式太陽光発電開発建設を引き続き実施し、実施状況の監督管理を強化すると指摘した。土地に応じて「千郷万村驭風行動」と「千家万戸沐光行動」を組織して展開する。
特に住建部が発表した「建築省エネと再生可能エネルギー利用共通規範」では、2022年4月1日から、新築建築に太陽エネルギーシステムを設置することを要求している。
政策の持続的な推進の下で、分散型光起電力開発は加速的に推進され、産業発展を牽引する重要な駆動力となっている。
国家エネルギー局のデータによると、2021年の全国太陽光発電所の新規搭載機は54.88 GWで、過去最高だった。そのうち、光発電所は25.6 GWである。分布式光発電29.28 GWは、すべての新増光発電設備の約55%を占め、史上初めて集中式発電所を超えた。
このうち、新規分散光起電力のうち、家庭用光起電力は2020年に初めて1000万キロワットを超えたのに続き、2021年には2000万キロワットを超え、約2150万キロワットに達した。家庭用光伏はすでに中国が予定通りに炭素達峰、炭素中和目標を実現し、農村振興戦略を実行する重要な力となっている。
分散型光起電力産業チェーンが引き伸ばされる
分散型光起電力といえば、集中型光起電力があり、両者とも中国の光起電力産業の発展の重要な形式である。集中式と分散式光起電力の並列発展戦略を堅持する下で、未来の産業の新規搭載機の規模は全体的に絶えず増加している。
ウッドマッケンズによると、2022-2031年、世界の光起電力ネットワーク搭載機の容量は年平均8%の速度で増加すると予想されている。中国の2022年の太陽光発電設備の量は75 GWに達し、その中には42 GWの大型集中型地上発電所と33 GWの分散型太陽光発電プロジェクトが含まれている。
この巨大な市場の中で、分散型光起電力はより柔軟で、多元的な応用シーンでより見所があり、その巨大な発展潜在力は、ますます企業の国境を越えて市場投入を引きつけたり、拡大したりする。
大手企業では、国家電投、華能、三峡などの中央企業が分散型光伏分野を争って配置している。同時に、多くの民間企業も分散光発電分野で長年深く耕してきた。
産業チェーンから見ると、上流の光起電力モジュールの龍頭隆基、通威株式、晶科エネルギー、天合光エネルギーはすでに分布式光起電力を配置しているほか、東方日昇、正泰電器などの部品メーカー;
中流渉猟者には太陽光発電システムにおいて太陽光発電モジュールを設置、支持、固定するための特殊機能スタンドメーカーの中信博がある。インバータ参加者には太陽光電源、コズダ、海陸重工などがある。
下流分布式光起電力分野にも隆基、晶科、太陽光電源などの光起電力産業チェーン企業が参加している。2019年から、晶科エネルギーはBIPV製品の研究開発、製造、普及に切り込んだ。現在、同社のBIPV製品には、オールブラック/カラーカーテンウォール、透光カーテンウォール、カラースチール瓦コンポーネント、サーフェスおよび瓦シリーズコンポーネントが含まれています。
2022年、晶科エネルギーは海寧でBIPVの生産ラインを改造し、2022年中に建設される予定で、ますます増加する建築太陽光発電市場の需要をよりよく支持する。
また、BIPVなどの新技術は光伏産業チェーンを延長し、建築、建材などの多くの参加者を集め、東南網棚、森特株式、杭蕭鋼構などを含む。
BIPV産業の将来性に優れていることに基づいて、多くの光伏企業と建築企業が協力して配置している。例えば、ハイエンド金属包囲業のトップである森特株式が隆基株式と協力してBIPVに投資し、両者はそれぞれ建築と光伏分野での優位資源を重ね、製品の急速な放出を実現し、市場の先機を奪うことを期待している。
第1四半期の純利益の深刻な分化
太陽光発電産業の高い展望は依然としてあるが、今年第1四半期の業績を見ると、屋根太陽光発電概念株の業績分化が大きい。
Wind屋根太陽光発電30社の概念株はいずれも2022年第1四半期の業績を発表した。
売上規模では、トップには通威株式、隆基株式、特変電工、中環株式、晶澳科学技術、正泰電器があり、この6つの企業の今年第1四半期の売上規模はいずれも百億元を突破した。
売上規模が第2段階にあるのは東方日昇、太陽光電源、フォスター、江河グループ、南ガラスA、東南網棚で、売上規模はいずれも27億元以上である。
今年第1四半期、30社の概念株のうち28社が売上高を獲得し、前年同期比でプラス成長した。その中で上位にランクインしたのは、通威株、晶盛機電、特変電工、中環株、錦浪科学技術、中来株、晶澳科学技術、フォーライトで、これらの企業の売上高の伸び率はいずれも70%を超えた。
売上高の伸び率が前年同期比マイナスになった企業は南ガラスAと安彩高科だ。
帰母純利益の麺では、規模が上位にあるのは通威株式、特変電工、隆基株式、中環株式であり、これらの企業の帰母純利益はすべて13億元以上である。
今年第1四半期の純利益が赤字になったのは智光電気だけだ。
具体的には、今年第1四半期の業界企業の分化が大きかった。
140%を超える成長率の企業は中来株式、嘉寓株式、通威株式、正泰電器、晶澳科学技術、東方日昇、秀強株式、中環株式がある。
業界の多くの企業が純利益を上げていると同時に、一部の企業は増収増益ではなく、純利益は前年同期より大幅に下落したこともある。
30社の概念株のうち、11社の企業の帰母純利益が前年同期比で下落し、その中で下落幅が大きいのは智光電気、安彩高科、拓日新能、アマトン、江河グループ、フォーライト、清源株式、コスダックなどだ。
その原因を究明すると、原材料の上昇によって太陽光発電などの多くの業界で増収増益の状況が現れた。
フォーライトガラスを例にとると、2022年第1四半期、光伏ガラスの販売数量の大幅な増加により、会社の売上高は71%近く上昇したが、光伏ガラスの平均販売価格の低下が一部の成長を相殺し、原材料とエネルギー動力コストの増加により、会社の営業コストは前年同期比196.64%増加し、最終的に純利益の表現に影響を与えた。
光起電力スタンド、BIPV集積商の中信博にとって、負の衝撃はもっと大きい。
原材料の多結晶シリコン材料の価格は引き続き高位にあり、電池チップ、コンポーネントの一環として価格が大幅に上昇し、国際物流費用の高騰も下流の需要をある程度抑製し、世界の集中型光発電所の設置量の遅延を招いた。国家エネルギー局のデータによると、2021年の全国集中型光発電所の新増設25.6 GWは、2020年の新増設32.68 GWより7.08 GW減少し、約22%減少した。
この影響を受けて、2021年、会社の光起電力スタンドの出荷量は約6.51 GW(国内出荷4.94 GW、海外出荷1.57 GW)で、その中で国内の光起電力スタンドの業務出荷量は2021年度に2020年度と比べて低下し、下落幅は約13.03%で、国内の集中型光起電力発電所の設備量の低下幅を下回った。
しかし、良い麺では、2022年にシリコン材料の新規生産能力が続々と投入され、業界の需給不均衡による産業チェーン価格のゲームは緩和される見通しだ。シリコン材料、コンポーネントなどの価格が値下げされると、分散型光起電力でも集中型光起電力でも出荷量が有効に放出され、業界会社の業績と利益レベルもさらに放出される見込みです。

全国服务热线

13215150267
  • 地址:东莞市松山湖中小企业园十一栋
  • 电话:13215150267
  • 邮箱:liusq@singfosolar.cn
  • 手机二维码
东莞市星火太阳能科技股份有限公司版权所有 / 备案号:粤ICP备14057282号-5 /  网站地图 / 百度统计  技术支持: 牛商股份