东莞市星火太阳能科技股份有限公司

13215150267
4001898908
星火太阳能和你一起了解更多太阳能资讯
章建华:优先支持农村地区发展分布式太阳能
返回列表 来源: 草根光伏 发布日期: 2022.02.23 浏览次数:


能源行业为我国经济长期稳定增长贡献了坚实力量。习近平总书记创造性提出“四个革命、一个合作”能源安全新战略,为新时代中国能源发展指明了方向。


  党的十八大以来,我国立足基本国情和发展阶段,坚定不移推进能源革命,确立了生态优先、绿色发展的鲜明导向,能源生产和利用方式发生重大变革,能源发展取得了历史性成就,为“十四五”开好局、起好步奠定了有利基础。


  今年前4月,我国经济运行稳中加固、稳中向好,能源供需总体平衡,全国发用电量均保持两位数增长态势。支撑我国经济长期稳定增长,能源行业贡献了怎样的坚实之力?立足“十四五”开局之年,面对双碳目标对发展方式转型升级提出的明确要求,我国能源领域在思想理念和方法思路上应如何把握?对此,经济日报记者专访了国家能源局党组书记、局长章建华。


  六大方面成就为“十四五”开局起步奠定有利基础


记者:党的十八大以来,我国能源发展取得了哪些历史性成就?


  章建华:2014年,习近平总书记创造性提出“四个革命、一个合作”能源安全新战略,为新时代中国能源发展指明了方向。党的十八大以来,我国坚定不移推进能源革命,能源生产和利用方式发生重大变革,能源发展取得了历史性成就,为“十四五”开好局、起好步奠定了有利基础。


  清洁低碳转型更快。2020年,我国非化石能源占一次能源消费比重达到15.9%,较2012年提高6.2个百分点,煤炭消费占比降至56.8%,较2012年下降11.7个百分点,能源消费结构向清洁低碳加快转变。


  供给能力质量更强。党的十八大以来,我国建立起多元清洁的能源供应体系,能源自主保障能力始终保持在80%以上。水电、风电、光伏、在建核电装机规模等多项指标保持世界第一,到2020年底,清洁能源发电装机规模增长到10.83亿千瓦,占总装机比重接近50%。


  科技创新动力更足。我国建立了完备的清洁能源装备制造产业链,化石能源清洁高效开发利用技术水平明显提升,建成全球规模最大、安全可靠的电网,供电可靠性位居世界前列,技术进步已经成为推动能源发展动力变革的基本力量。


  市场发展活力更高。深化重点能源领域和关键环节市场化改革,构建有效竞争的能源市场。油气勘探开发市场有序放开,油气管网运营机制改革取得关键进展;全国统一电力市场体系建设积极推进,逐步构建起了以中长期交易为“压舱石”、辅助服务市场为“稳定器”、现货试点为“试验田”的电力市场体系。


  国际合作全面开展。我国大幅度放宽外商投资准入,促进能源贸易和投资自由化便利化;与29个国家发起成立“一带一路”能源合作伙伴关系,积极参与多边机制下的能源国际合作。


  惠民利民保障更实。新一轮农网改造升级,全国农村大电网覆盖范围内全部通动力电,农村电气化率达到18%;建成2636万千瓦光伏扶贫电站,惠及6万个贫困村、415万贫困户;北方地区清洁取暖取得明显进展,清洁取暖率提升到65%以上。


  记者:开发利用非化石能源是推进能源绿色低碳转型的主要途径。我国在实现可再生能源跨越式发展的进程中收获了哪些经验?为世界可再生能源发展作出了哪些贡献?


  章建华:党的十八大以来,立足基本国情和发展阶段,我国确立了生态优先、绿色发展的鲜明导向,及时把握了能源转型方向,及时顺应了可再生能源发展的历史潮流,及早推动了可再生能源的实践创新。


  一方面,我们积极推进市场广泛参与。我国可再生能源从成长之初就是一个高度市场化、社会化的行业,市场主体多,市场化程度高,民营企业活跃,市场竞争充分,创新活力竞相迸发。


  另一方面,我们给予必要的政策支持。颁布实施可再生能源法,出台了固定电价制度、可再生能源电价附加制度、全额保障性收购制度、税费优惠制度等系列支持政策,通过法律保障、规划引导、财政支持等措施,有力推动可再生能源实现快速发展、规模化发展,为全球能源转型作出突出贡献。


  截至2020年底,我国可再生能源累计装机占全球可再生能源总装机规模的三分之一,成为全球可再生能源的中坚力量。特别是我国可再生能源的大规模发展,有力促进了以风电、光伏发电为代表的新能源技术的快速进步,成本快速下降,经济性显著提升,推动全球可再生能源,特别是风电、光伏发电加快成为新增主力能源。


  能源低碳转型进入爬坡过坎的攻坚期


  记者:着眼国内国际两个大局,您认为当前和今后一个时期我国能源发展面临着怎样的新形势新任务?


  章建华:当今世界,百年未有之大变局正加速演进,我国正处在实现中华民族伟大复兴的关键时期。“十四五”规划和2035年远景目标纲要,对我国能源发展提出了明确的目标任务和要求。做好当前和今后一个时期的能源工作,必须及时准确研判国内外能源发展形势,努力在危机中育先机、于变局中开新局。


  放眼国际,新冠肺炎疫情影响广泛而深远,百年未有之大变局加速演进,新一轮科技和产业变革深入发展,全球应对气候变化呈现新局面,推动世界更快进入低碳化、智能化的能源体系和发展模式。


  看向国内,我国经济长期向好的基本面没有改变,推动能源发展具有多方面优势和条件。同时,碳排放达峰和低碳化成为能源发展的硬约束,我国能源低碳转型进入爬坡过坎的攻坚期。这对我国合理谋划能源转型路径,持续推动能源高质量发展提出了新的更高要求。


  我们将辩证看待当前能源保障发展遇到的多重挑战,坚持底线思维,坚定发展信心,集中精力办好自己的事,坚决落实“十四五”规划和2035年远景目标纲要提出的目标任务,统筹好发展与安全、政府与市场、国内与国际、全局与区域、开发与节约、当前与长远等重要关系,实现“十四五”能源发展的良好开局。


  记者:如何正确认识与处理好减污降碳和能源安全的关系?


  章建华:实现碳达峰、碳中和是一场广泛而深刻的经济社会系统性变革,事关中华民族永续发展和构建人类命运共同体。从能源安全的角度,能源结构和系统形态将面临巨大变革,短期内需要承受转型与变革的阵痛,但从长远来看,坚定不移走生态优先、绿色低碳的高质量发展道路,逐步减少对化石能源依赖,才能实现我国能源本质安全。


  从近期看,减污降碳有助于缓解能源供应保障压力。2020年我国能源消费总量在49.8亿吨标准煤左右,单位GDP能耗是世界平均水平的1.5倍,能源效率仍然偏低,节能降耗的空间很大。以更大力度实施节能降耗,不断完善能耗双控制度,强化减污降碳,不仅有助于缓解能源供应保障压力,以较低的能源消费增速支撑较快的经济社会发展,也可避免透支未来的战略资源、环境空间和发展潜力。


  从长远看,减污降碳是保障我国能源安全的战略选择。随着能源清洁低碳转型深入推进,我国将逐步摆脱化石能源依赖。根据有关研究机构初步测算,到2060年,我国非化石能源消费占比将由目前的16%左右提升到80%以上,非化石能源发电量占比将由目前的34%左右提高到90%以上,建成以非化石能源为主体、安全可持续的能源供应体系,实现能源领域深度脱碳和本质安全。


  三方面举措推动能源领域碳达峰与碳中和


  记者:“十四五”是碳达峰的攻坚期、窗口期,国家能源局拟采取哪些举措,推动碳达峰目标稳步实现?


  章建华:现在距离2030年碳达峰还有两个五年,共十年。“十四五”是第一个五年,也是能源低碳转型的关键期。我们将重点从以下三个方面采取措施,加快推动碳达峰工作能够成势见效。


  一是大力发展非化石能源。到2030年非化石能源的一次能源消费比重要达到25%左右,风电、太阳能总装机容量要达到12亿千瓦以上,任务非常艰巨,我们必须完成。我们将制定更加积极的新能源发展目标,加快发展风电和太阳能发电。同时要因地制宜开发水电,在确保安全的前提下积极有序地发展核电,同时要加快推进抽水蓄能、新型储能等调节电源建设,增强电力系统灵活调节能力,大力提升新能源消纳水平。


  二是大力推行绿色用能模式。实现碳达峰、碳中和,要以经济社会发展全面绿色转型为引领,在重点领域乃至全社会推行绿色用能模式至关重要。我们将采取更加严格的能耗标准,支持推动工业、建筑、交通等重点行业和领域非化石能源的替代和用能方式的改变。推动加快发展新能源汽车、建筑光伏一体化等绿色用能模式,也要加快取暖、炊事用能等方面电能替代,提升全社会电气化水平。到2025年实现单位GDP能耗较2020年降低13.5%,单位GDP二氧化碳的排放较2020年降低18%的目标。这两个目标在“十四五”规划里已经体现了。


  三是制定和实施更加有力有效的政策措施。按照党中央、国务院的统一部署,我们深入贯彻中央财经委员会第九次会议精神,国家能源局正在研究推动能源领域碳达峰、碳中和的实现路径和任务举措,围绕促进能源低碳智慧转型、新能源高质量发展、新型电力系统建设、新型储能发展等重点任务,制定配套政策措施,同时抓好国家和省级“十四五”能源规划衔接工作,把可再生能源的电力消纳责任权重、节能减排和碳达峰等目标落实到规划中,充分发挥规划的引领作用,压实各级各地碳减排责任,支持有条件的地方率先实现碳达峰,这项工作现在就要开始干。


  记者:国家能源局将从哪些方面着手,引领能源行业将巩固脱贫攻坚成果与乡村振兴衔接起来?


  章建华:能源是农业农村发展的重要物质基础。我国能源行业始终坚持把保障和改善民生作为能源发展的重要出发点,在全面建成小康社会和乡村振兴中发挥能源供应的基础保障作用。一要发挥能源行业优势,巩固拓展脱贫攻坚成果。继续支持脱贫地区布局建设一批能源重大工程,带动发展支柱产业、增强经济社会发展后劲。指导地方抓好光伏扶贫电站资产管理和设备运维,确保持续发挥增收作用。二要加快乡村能源变革,助推乡村振兴发展。结合推动碳达峰、碳中和工作,优先支持农村地区发展分布式太阳能、风能等新能源,打造县域低碳能源产业,提高电气化水平,转变乡村用能方式,建设美丽新乡村。三要广泛动员社会力量,共同推进乡村振兴。鼓励引导具有技术、资金优势的企业和社会主体参与,采取更加灵活的市场机制,探索农村能源投资、服务新模式,动员更多的社会资源,支持乡村能源加快发展。


第18回党大会以来、中国は基本的な国情と発展段階に立脚し、エネルギー革命を揺るぎなく推進し、生態優先、グリーン発展の鮮明な導きを確立し、エネルギー生産と利用方式に重大な変革が発生し、エネルギー発展は歴史的な成果を収め、「第14次5カ年計画」のために良い局面を開き、良い一歩を踏み出すために有利な基礎を築いた。
今年前の4月、中国の経済運営は安定している中で強化され、安定している中で好転し、エネルギー需給は全体的にバランスがとれており、全国の消費電力はいずれも2桁の成長態勢を維持している。わが国の経済の長期的な安定成長を支え、エネルギー業界はどのような堅固な力に貢献したのか。「十四五」の開局の年に立脚し、二重炭素目標が発展方式の転換とグレードアップに対して提出した明確な要求に直面し、中国のエネルギー分野は思想理念と方法の構想の上でどのように把握すべきか。これに対し、経済日報の記者は国家エネルギー局の党組織書記、局長の章建華氏をインタビューした。
六つの方面の成果は「十四五」の開局のために有利な基礎を築いた。
記者:第18回党大会以来、中国のエネルギー発展はどのような歴史的な成果を収めたのか。
***第18回党大会以来、中国はエネルギー革命を揺るぎなく推進し、エネルギー生産と利用方式に重大な変革が発生し、エネルギー発展は歴史的な成果を収め、「第14次5カ年計画」のために良い局を開き、良い一歩を踏み出すために有利な基礎を築いた。
クリーンで低炭素の転換が速い。2020年、中国の非化石エネルギーが一次エネルギー消費に占める割合は15.9%に達し、2012年より6.2ポイント上昇し、石炭消費の割合は56.8%に低下し、2012年より11.7ポイント低下し、エネルギー消費構造はクリーン低炭素への転換を加速させた。
供給能力の質がより強い。第18回党大会以来、中国は多元的でクリーンなエネルギー供給システムを構築し、エネルギー自主保障能力は終始80%以上を維持してきた。水力発電、風力発電、太陽光発電、原子力発電設備の建設規模など多くの指標は世界一を維持し、2020年末までにクリーンエネルギー発電設備の規模は10.83億キロワットに増加し、総設備に占める割合は50%に近い。
科学技術イノベーションの原動力はさらに十分である。中国は完備したクリーンエネルギー装備製造産業チェーンを確立し、化石エネルギーのクリーン高効率開発利用技術レベルが明らかに向上し、世界規模が最大で、安全で信頼できる電力網を建設し、電力供給の信頼性は世界の前列に位置し、技術の進歩はすでにエネルギー発展の動力変革を推進する基本的な力となっている。
市場の発展の活力はもっと高い。重点エネルギー分野と重要な一環の市場化改革を深化させ、有効な競争のエネルギー市場を構築する。石油・ガス探査開発市場は秩序正しく開放され、石油・気管網の運営メカニズムの改革は重要な進展を遂げた。全国統一電力市場システムの建設は積極的に推進され、中長期取引を「圧室石」、補助サービス市場を「安定器」、現物試験地を「試験田」とする電力市場システムを徐々に構築した。
国際協力が全面的に展開される。中国は外商投資の参入を大幅に緩和し、エネルギー貿易と投資の自由化と便利化を促進している。29カ国と「一帯一路」エネルギーパートナーシップの設立を発起し、多国間メカニズムの下でのエネルギー国際協力に積極的に参加している。
恵民利民保障はより確実である。新たな農業ネットワークの改造とグレードアップにより、全国の農村の大電力網のカバー範囲内ですべて動力発電が開通し、農村の電気化率は18%に達した。2636万キロワットの光伏貧困扶助発電所を建設し、6万の貧困村、415万の貧困世帯に恩恵を与えた。北方地区のクリーン暖房は明らかな進展を遂げ、クリーン暖房率は65%以上に上昇した。
記者:非化石エネルギーの開発利用はエネルギーグリーン低炭素の転換を推進する主な道である。中国は再生可能エネルギーの飛躍的な発展を実現する過程でどのような経験を収穫したのか。世界の再生可能エネルギーの発展にどのような貢献をしましたか?
章建華:第18回党大会以来、基本的な国情と発展段階に立脚し、中国は生態優先、グリーン発展の鮮明な導きを確立し、エネルギー転換の方向をタイムリーに把握し、再生可能エネルギー発展の歴史的潮流にタイムリーに順応し、再生可能エネルギーの実践革新を早期に推進した。
一方、私たちは市場の広範な参加を積極的に推進しています。中国の再生可能エネルギーは成長の初めから高度な市場化、社会化の業界であり、市場主体が多く、市場化の程度が高く、民間企業が活発で、市場競争が十分で、革新の活力が爆発している。
一方、私たちは必要な政策支援を与えています。再生可能エネルギー法を公布・実施し、固定電気価格制度、再生可能エネルギー電気価格付加制度、全額保障性買収制度、税費優遇制度などの一連の支持政策を打ち出し、法律保障、計画・誘導、財政支援などの措置を通じて、再生可能エネルギー源の急速な発展、規模化発展を強力に推進し、世界のエネルギーモデルチェンジに際立った貢献をした。
2020年末現在、中国の再生可能エネルギーの累計設備は世界の再生可能エネルギーの総設備規模の3分の1を占め、世界の再生可能エネルギーの中堅力となっている。特に中国の再生可能エネルギーの大規模な発展は、風力発電、太陽光発電に代表される新エネルギー技術の急速な進歩を力強く促進し、コストが急速に低下し、経済性が著しく向上し、世界の再生可能エネルギー、特に風力発電、太陽光発電が新たな主力エネルギーになることを加速させた。
エネルギーの低炭素転換は坂を登って峠を越える難関攻略期に入った。
記者:国内と国際の二つの大局に着目して、現在と今後の一時期、中国のエネルギー発展はどのような新しい情勢と新しい任務に直面していると思いますか。
章建華:今の世界では、百年ぶりの大変局が加速し、わが国は中華民族の偉大な復興を実現する肝心な時期にある。「十四五」計画と2035年の遠景目標要綱は、中国のエネルギー発展に対して明確な目標任務と要求を提出した。現在と今後の一時期のエネルギー活動をしっかりと行い、国内外のエネルギー発展情勢をタイムリーに正確に研究・判断し、危機の中で先機を育み、変局の中で新しい局を開くよう努力しなければならない。
国際的に見ると、新型コロナウイルス肺炎の疫病の影響は広く深く、百年にない大きな変局が加速し、新たな科学技術と産業変革が深く発展し、世界は気候変動に対応して新たな局面を呈し、世界がより速く低炭化、インテリジェント化のエネルギー体系と発展モデルに入ることを推進している。
国内を見ると、中国経済の長期的な好転の基本面は変わっておらず、エネルギー発展を推進するには多方面の優位性と条件がある。同時に、炭素排出のピークと低炭化はエネルギー発展の硬い制約となり、中国のエネルギー低炭素転換は坂を登って峠を越える難関攻略期に入った。これは中国がエネルギー転換の経路を合理的に計画し、エネルギーの高品質な発展を持続的に推進するために新たなより高い要求を提出した。
われわれは現在のエネルギー保障発展が直面している多重の挑戦を弁証し、ベースラインの思考を堅持し、発展の自信を固め、自分のことに集中し、「十四五」計画と2035年の遠景目標要綱が提出した目標任務を断固として実行し、発展と安全、政府と市場、国内と国際、全局と地域、開発と節約、現在、長期などの重要な関係と、「十四五」エネルギー発展の良好なスタートを実現している。
記者:汚染削減と炭素削減とエネルギー安全の関係をどのように正しく認識し、処理しますか。
章建華:炭素達峰、炭素中和を実現することは広範で深い経済社会の系統的な変革であり、中華民族の永続的な発展と人類運命共同体の構築にかかわる。エネルギー安全の角度から、エネルギー構造とシステム形態は巨大な変革に直面し、短期的には転換と変革の陣痛に耐えなければならないが、長期的に見ると、生態優先、グリーン低炭素の高品質発展の道を揺るぎなく歩み、化石エネルギーへの依存を徐々に減らしてこそ、中国のエネルギー本質の安全を実現することができる。
最近から見ると、汚染を減らして炭素を下げることはエネルギー供給の保障圧力を緩和するのに役立つ。2020年の中国のエネルギー消費総量は49.8億トンの標準石炭前後で、単位GDPのエネルギー消費は世界平均レベルの1.5倍であり、エネルギー効率は依然として低く、省エネ・消費削減の空間が大きい。より大きな力で省エネ・消費削減を実施し、エネルギー消費の二重制御度を絶えず改善し、汚染・炭素削減を強化することは、エネルギー供給保障の圧力を緩和するのに役立つだけでなく、より低いエネルギー消費の伸び率でより速い経済社会の発展を支えるだけでなく、未来の戦略資源、環境の空間と発展潜在力の貸越を避けることができる。
長期的に見ると、汚染を減らして炭素を下げることは中国のエネルギー安全を保障する戦略的選択である。エネルギークリーン低炭素転換が深く推進されるにつれて、中国は化石エネルギー依存から徐々に脱する。関連研究機関の初歩的な試算によると、2060年までに、中国の非化石エネルギー消費の割合は現在の16%前後から80%以上に上昇し、非化石エネルギー発電量の割合は現在の34%前後から90%以上に上昇し、非化石エネルギーを主体とし、安全で持続可能なエネルギー供給システムを構築し、エネルギー分野の深い脱炭と本質的な安全を実現する。
3つの措置はエネルギー分野の炭素のピークと炭素の中和を推進する。
記者:「十四五」は炭素達峰の難関攻略期、窓口期であり、国家エネルギー局はどのような措置をとり、炭素達峰目標の着実な実現を推進する予定である。
章建華:現在、2030年の炭素ピークまであと2、5年、計10年ある。「十四五」は最初の五年であり、エネルギー低炭素転換の肝心な時期でもある。我々は以下の3つの面から重点的に措置をとり、炭素ピークの推進を加速させ、効果を発揮することができる。
一つは非化石エネルギーを大いに発展させることである。2030年までに非化石エネルギーの一次エネルギー消費比は25%前後に達し、風力発電、太陽エネルギーの総設備容量は12億キロワット以上に達し、任務は非常に困難で、私たちは完成しなければならない。われわれはより積極的な新エネルギー発展目標を制定し、風力発電と太陽光発電の発展を加速させる。同時に、土地に応じて水力発電を開発し、安全を確保する前提の下で積極的に秩序正しく原子力発電を発展させ、同時に抽水蓄エネルギー、新型貯蔵エネルギーなどの電源建設の推進を加速させ、電力システムの柔軟な調節能力を強化し、新エネルギーの消納レベルを大いに向上させなければならない。
第二に、グリーンエネルギーモデルを大いに推進する。炭素のピーク達成、炭素中和を実現するには、経済社会の発展の全面的なグリーン転換をリードとし、重点分野乃至社会全体でグリーンエネルギー使用モデルを推進することが重要である。我々はより厳格なエネルギー消費基準を採用し、工業、建築、交通などの重点業界と分野の非化石エネルギーの代替とエネルギー使用方式の変化を推進することを支持する。新エネルギー自動車、建築太陽光発電一体化などのグリーンエネルギーモデルの発展を加速させることを推進し、暖房、炊事エネルギーなどの面での電気エネルギーの代替を加速させ、社会全体の電気化レベルを高めなければならない。2025年までに単位GDPのエネルギー消費を2020年より13.5%削減し、単位GDPの二酸化炭素排出を2020年より18%削減する目標を実現する。この二つの目標は「十四五」計画にすでに体現されている。
三つ目は、より強力で効果的な政策措置を制定し、実施することである。党中央、国務院の統一的な配置に基づき、われわれは中央財経委員会の第9回会議の精神を深く貫徹し、国家エネルギー局はエネルギー分野の炭素のピーク達成、炭素中和の実現経路と任務措置を研究・推進し、エネルギーの低炭素の知恵転換、新エネルギーの高品質発展、新型電力システムの建設、新型エネルギー貯蔵の発展などの重点任務をめぐっている。関連政策措置を制定し、同時に国家と省級の「十四五」エネルギー計画の連結作業をしっかりと行い、再生可能エネルギーの電力消納責任の重み、省エネ・排出削減と炭素達成ピークなどの目標を計画に実行し、計画のリード作用を十分に発揮し、各級各地の炭素削減責任を圧縮し、条件のある場所が率先して炭素達成ピークを実現することを支持する。この仕事は今から始めます。
記者:国家エネルギー局はどのような面から着手し、エネルギー業界をリードして貧困脱却の難関攻略の成果を農村振興と結びつけるのか。
章建華:エネルギーは農業農村の発展の重要な物質基礎である。中国のエネルギー業界は終始民生の保障と改善をエネルギー発展の重要な出発点とすることを堅持し、小康社会の全面的建設と農村振興においてエネルギー供給の基礎保障作用を発揮している。一エネルギー業界の優位性を発揮し、貧困脱却の堅塁攻略の成果を強固に開拓しなければならない。貧困脱却地区のエネルギー重大プロジェクトの配置建設を引き続き支持し、支柱産業の発展を牽引し、経済社会の発展の後力を強化する。地方を指導して光伏貧困扶助発電所の資産管理と設備の運営と維持をしっかりと行い、持続的に増収作用を発揮することを確保する。二農村のエネルギー変革を加速させ、農村の振興と発展を助長しなければならない。炭素のピーク達成、炭素中和活動の推進と結びつけて、農村地区の分布式太陽エネルギー、風力エネルギーなどの新エネルギーの発展を優先的に支持し、県域の低炭素エネルギー産業を構築し、電気化レベルを高め、農村のエネルギー使用方式を転換し、美しい新農村を建設する。三社会力を幅広く動員し、農村振興を共に推進しなければならない。技術、資金の優位性を持つ企業と社会主体の参加を奨励し、より柔軟な市場メカニズムを採用し、農村のエネルギー投資、サービスの新しいモデルを模索し、より多くの社会資源を動員し、農村のエネルギーの発展の加速を支持する。

エネルギー業界はわが国の経済の長期安定成長に堅固な力を貢献した。***


【相关推荐】

全国服务热线

13215150267
  • 地址:东莞市松山湖中小企业园十一栋
  • 电话:13215150267
  • 邮箱:liusq@singfosolar.cn
  • 手机二维码
东莞市星火太阳能科技股份有限公司版权所有 / 备案号:粤ICP备14057282号-5 /  网站地图 / 百度统计  技术支持: 牛商股份